TARU-NET.JP

ExcelVBA Modules
ArrayShift 動作確認: Excel 2000-2003 更新日: 2013/06/26 Reference Download

配列の先頭から値を取り出し、それ以降の要素を前方へシフトします。
ArrayShift モジュール
作成日:2013/06/26
更新日:2013/06/26





NAME

            ArrayShift -- ArrayShift モジュール

		



SYNOPSIS

            Sub Main()
                Dim varArray() As String
                Dim i As Long

                ReDim varArray(9)
                For i = 0 To 9
                    varArray(i) = i
                Next i

                Debug.Print fncArrayShift(varArray())
            End Sub
		



DESCRIPTION



AN OUTLINE -- 概要


配列の先頭から値を取り出し、それ以降の要素を先頭へシフトします。


PREPARATION -- 準備


[DOWNLOAD]から、本ExcelBookをダウンロードします。
ダウンロードが完了したらマクロを有効にして開いてください。そこにサンプルモジュールと本モジュールが含まれています。

[CODE]をコピーして、適当な標準モジュールに貼り付けて使用しても構いません。

HOW TO USE -- 使用方法


            Dim varArray() As String
            Debug.Print fncArrayShift(varArray())
		


EXAMPLE -- 使用例

例1:配列の先頭から値を取り出して表示し、それ以降の要素を前方へシフトさせる。
            Sub Main()
                Dim varArray() As String
                Dim i As Long

                ReDim varArray(9)
                For i = 0 To 9
                    varArray(i) = i
                Next i

                Debug.Print fncArrayShift(varArray())
            End Sub
		


CODE -- コード

配列の先頭から値を取り出して表示し、それ以降の要素を前方へシフトさせるコード
            Sub Main()
                Dim varArray() As String
                Dim i As Long

                ReDim varArray(9)
                For i = 0 To 9
                    varArray(i) = i
                Next i

                Debug.Print fncArrayShift(varArray())
            End Sub


            Private Function fncArrayShift(ByRef varArray() As String) As String
                Dim top As Long
                Dim bottom As Long
                Dim str As String
                Dim i As Long

                top = UBound(varArray)
                bottom = LBound(varArray)
                str = varArray(bottom)

                For i = bottom To top - 1
                    varArray(i) = varArray(i + 1)
                Next i
                ReDim Preserve varArray(top - 1)

                fncArrayShift = str
            End Function
		



REFERENCE

Name Description Syntax



ATTENTION

・サンプルでは[String]で型を指定していますが、[Long][Variant]など使用内容によって変更して下さい。
・本モジュールを利用した事によるいかなる損害も一切の責任を負いません。
・感想や要望、不具合などありましたら、作者までご連絡ください。



MEMO

本モジュールの本文中に「NAME/VERSION/AUTHOR/COPYRIGHT」が記載されています。



CONTRIBUTION

寄付歓迎
本モジュールはフリーですが、「このモジュールのおかげで、素晴らしいソフトが作れた」など、寄付をしていただける方がいましたら、作者宛までご一報ください。
なお受け付けている物は、お金(日本通貨円)、食料(酒/缶詰/お米など)となっております。



DOWNLOAD

<<---DOWNLOAD ArrayShift--->>



VERSION

Version:1.00 - Wed Jun 26, 2013



AUTHOR

Syunzi Shimohata <webmaster@taru-net.jp> http://www.taru-net.jp/